全国霧箱巡り・東京・群馬・茨城 

Tag: 霧箱 放射線 科学教育 国立科学博物館 日本科学未来館 群馬県立自然史博物館 原子力科学館 東京 群馬 茨城
これまで私が訪問してきた霧箱展示施設の紹介です。今回は関東です。東京、群馬、茨城の霧箱を見に行きました。

もくじ

国立科学博物館

東京の上野公園にあります。2017年4月23日に訪問。
国立科学博物館

国立科学博物館
サイズは違いますが東海村の霧箱と同じ富井格三さんの設計で、ラド技術研究所と立原工業所が作ったそうです。

国立科学博物館
霧箱に代わって使われるようになった「泡箱」も展示されています。泡箱は液体水素に圧力をかけて,気化するギリギリの状態にして,放射線の飛跡を気化した泡の列で可視化します。液体を使っているので霧箱より飛跡の解像度が高いです。

日本科学未来館

東京のお台場にあります。2021年11月10日訪問。
日本科学未来館

5階展示室入り口にあるロケットエンジン。
日本科学未来館

その奥のカミオカンデの模型の所に霧箱があります。
38㎝正方形の有限会社ラドの製品です。
日本科学未来館

カミオカンデの1/10模型の内部では,ニュートリノが観測されたときの発光がLEDで再現されています。
日本科学未来館

屋上テラスからはお台場の景色を眺めることができます。
日本科学未来館

群馬県立自然史博物館

群馬県富岡市にあります。2021年11月9日訪問。
群馬県立自然史博物館

入り口の青い通路を進むと,
群馬県立自然史博物館

すぐに霧箱があります。80cm正方形です。西ドイツ製?
生命誕生と放射線の関係の展示です。
群馬県立自然史博物館

ここは進化に重点が置かれ,化石展示が豊富です。
群馬県立自然史博物館

ダーウィン先生が進化について教えてくれます。
群馬県立自然史博物館

標本も豊富です。
群馬県立自然史博物館

原子力科学館

茨城県東海村にある世界最大の霧箱です。
2022年12月20日訪問。
原子力科学館

2022年3月に3代目の新型となりました。
原子力科学館

さらに大型となり、観察面は120cm×180cmと世界最大の座は不動の地位です。東海村にある関東技研の設計・製作です。
原子力科学館

過飽和層が厚く、縦に入射する飛跡も見えました。
原子力科学館

関東技研工場にある予備のガラスです。大きいですね。
原子力科学館

・2017年に訪問した時の2代目の霧箱についてはこちらの記事をご覧ください。
世界最大の霧箱

・関東技研の霧箱紹介サイトです。
関東技研 原子力科学館 霧箱紹介!

お知らせ

茨城県の筑波エキスポセンターの霧箱は,老朽化のため廃止されたそうです。

全国霧箱マップ

全国霧箱案内

私が調べた範囲で霧箱を常設展示している施設です。もしこれ以外にご存じでしたらぜひ情報をお寄せ下さい。

  • リンク先>>全国霧箱巡り・東北編
  • リンク先>>全国霧箱巡り・北陸編
  • リンク先>>全国霧箱巡り・東京・群馬・茨城
  • リンク先>>全国霧箱巡り・名古屋・大阪・高松

  • 参考資料

    有限会社ラドの霧箱設置施設

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    LINEで送る

    コメント


    認証コード2793

    コメントは管理者の承認後に表示されます。