23年ぶりの金星食

Tag: 惑星 惑星食 金星

金星食
2012/08/14 03:44:30
PENTAX K5,ISO1600,1/2秒
DA60-250mm

 14日早朝は23年ぶりに見た金星食でした。
 前回は1989年です。その様子はもう一度みたい。金星食をご覧ください。

 今回の観測地は神奈川県の横須賀市の海岸です。
3時
 この日は全国的に大雨となった悪天候で、北海道の一部、沖縄、千葉、茨城がみえた場所だったそうです。
 その中でも三浦半島はきわどい場所でした。この3時の雲画像を見てもそれがわかります。

K5_P0011s.jpg
2012/08/14 01:46:54
 雲が切れて昇ってきた月の下に金星がいます。これから両者が接近していきます。

s_K5_P0065s.jpg
2012/08/14 02:21:10
 徐々に金星と月が接近。

K5_P0079s.jpg
2012/08/14 02:28:46
 もう少しで、金星が月の後ろに入りますが、残念ながら雲が厚くなってこれ以上は見えませんでした。

K5_P0095s.jpg
2012/08/14 03:39:29
 もうすぐ金星が再び出てくる出現の時刻。奇跡的に雲が薄くなって月が見えてきました。そのすぐ後、月から金星が飛び出してくるのが見えました!

K5_P0109s.jpg
2012/08/14 03:42:00

 三日月と金星がきれいに見えました。

 前回の1989年は拡大写真だったので、今回は風景写真で狙ってみました。
多くの場所で見えなかった中で、見ることができたのは奇跡の晴れ間かも。
次回は2063年。その頃は100歳以上になってるので、これが人生最後かな。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント

  • 次回の2022年5月27日のをステラナビでシミュレーションしたところ、マダガスカル島で、ぎりぎりかする月と金星の超接近が見えます。「昼間の金星食」の場合は、その時刻に夜になる場所へ行けば良さそうです。



認証コード0793

コメントは管理者の承認後に表示されます。