相模原市の奇獣 赤い手・青い手

Tag: 相模原市 岡本太郎 赤い手 青い手 芸術

仕事で訪問した相模原市。ここには岡本太郎作の奇獣が住んでいるというので、会いに行きました。
赤い手・青い手です。
赤い手青い手

東京の岡本太郎展記念館川崎の岡本太郎美術館でも見ましたが、ここのは大きいです。タローマンとも戦って苦戦させた、まさに奇獣にふさわしいです。
赤い手青い手

横浜線、相模原駅から少し歩いた西門商店街の近くにあります。
道をはさんで2つの手が建てられています。
この道は桜並木なので春は特にきれいだろうな。
赤い手青い手

赤い手青い手

赤い手青い手

この像は西門商店街が岡本太郎に依頼し、1982年に設置されたそうです。それぞれ横幅は3.6m、台座と合わせると高さは5.4m。「宇宙をつかみ、客を呼ぶ」という意味が込められているのだそうです。
しかし、相模原市が2018年に世論調査をしたところ「半分が知らない」という結果だったそうで、市は認知度を高めるための駅前移転も検討するとか。でも2023年に訪問したときも移転していなかったので、その後の話は進んでいないのかもしれません。
現状は年月を感じる痛みが目立ちます。

赤手は右手。
赤い手青い手

青手は左手。
赤い手青い手

相模原駅から隣の橋本駅のホテルへ移動。
今夜はちょっとおしゃれなイタリアンにしました。
赤い手青い手

赤い手青い手

西門商店街はシャッター通りになって、隣の橋本周辺に比べてちょっと寂れているのが残念でした。


参考文献

「岡本太郎の像認知5割 赤い手、青い手 世論調査で」(タウンニュース2018年11月22日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント


認証コード9454

コメントは管理者の承認後に表示されます。