八戸の館鼻岸壁朝市でげんしじんに会う

Tag: K1 青森 八戸 館鼻岸壁朝市 カバの旅 げんしじん

八戸では3月から12月の間の毎週日曜日に館鼻岸壁朝市(たてはながんぺきあさいち)が開かれています。出店数300もの巨大朝市で有名です。
八戸駅の売店では地図を1枚100円で売ってます。事前に買っておくと便利ですよ。
館鼻岸壁朝市

まだ暗い早朝の八戸駅です。JR八戸線が運行している館鼻岸壁朝市号(たてはながんぺきあさいちごう)に乗ります。2021年は4月25日から毎週日曜5時33分発の臨時列車です。今朝の気温はマイナス5度。
館鼻岸壁朝市

最寄り駅は陸奥湊駅(むつみなと)です。そこから歩いて15分ほどで朝市会場です。凍った雪で滑りやすいので注意です。
館鼻岸壁朝市

最初の目的は「げんしじん」こと萠出浩さんのお店です。
お会いするのはずいぶん久しぶりでした。
館鼻岸壁朝市
2021/12/19 06:08:53
PENTAX K-1,ISO3200,1/15s。
DFA21mm(F2.4)Limited。

シンギングボールは「おりん」のようですが、縁を木の棒でこすって音を出す楽器。ブランデーグラスをこするグラスハーモニカのようなものです。萠出さんが木の棒を改良して良い音が出るようになったそうです。
館鼻岸壁朝市

踊る人形の実演販売もあります。
館鼻岸壁朝市

鞭の音も見事です。
館鼻岸壁朝市

この店の最近の売りは「ソーラーパネル充電セット」。ソーラーパネルとつなぐ12Vバッテリー充電コントローラー、バッテリーの12V直流を100V交流やUSB-5Vに変換するインバーターがセットで3万円。災害時だけでなく、普段の生活にも役立ちます。
館鼻岸壁朝市

萠出さんの解説では夏などはソーラパネルの出す電流のピークが大きいので、入力電流の耐電流が十分大きな充電コントローラーを使わないとサージ電流で壊れるそうです。そこさえうまくいけば、うまく充電できます。充電は自動車用の12Vバッテリーを使います。あとはその電気をどう使うかは皆さんのアイディア次第ですね。
このキットは仮説社で販売するようになりました。八戸へ行く交通費・輸送費を考えると仮説社で通販するのも良い選択肢でしょう。
仮説社リンクはこちら(ソーラー発電キット(ソーラーパネルとチャージコントロラーなどのセット))
館鼻岸壁朝市

さて、せっかくですから朝市で朝ご飯です。
館鼻岸壁朝市

牡蠣の串焼き。
館鼻岸壁朝市

座って食事できるところもたくさんありますよ。
館鼻岸壁朝市

魚もいっぱい売ってました。
館鼻岸壁朝市

サンタに囲まれるカバ。
館鼻岸壁朝市

ケーキ屋さんの出し物でした。
館鼻岸壁朝市

だんだん夜が明けてきました。
館鼻岸壁朝市

萠出さんにお別れのご挨拶して帰りました。
館鼻岸壁朝市

陸奥湊駅前の地元キャラです。
館鼻岸壁朝市

このあとはホテルに戻りチェックアウト。三沢航空科学館へ向かいました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント

  • ホヤの串焼きも美味しかったよ

    朝市楽しかったです。でも冬はお店が少ないのかな。
    それとももう既に売り切ってあの時間は終わっていたのか?
    温かくなったらまた行ってみたいです。

    生のホヤはちょっと辛いのだけど、串焼きは美味しかったよ。
    肉厚なホヤって火を通すとこんなに美味しいんだと驚きました。
    また食べたいな~

    そうそうおせんべいも薄焼きは三戸の名物らしいです。八戸のおせんべいとは違うらしい。


  • 今週末が最終回

    今週末が今年の朝市の最終日ですね。クリスマスと年末の買い出しで賑わうのではないでしょうか。



認証コード7702

コメントは管理者の承認後に表示されます。