オレゴンの大地に黒い太陽を見た:アメリカ日食(1/7)

Tag: 日食 皆既日食 アメリカ カバの旅 星景 マドラス K1 K3 オレゴン

 ここはアメリカ,オレゴン州のマドラスという小さな町です。小さな空港の駐車場にいます。ポートランド~マウントフッドと走ってきて、深夜に到着し今夜はここで車中泊です。渋滞もなくスムーズに来れました。明日は8月21日(月)。明日の朝ここで皆既日食が見られます。前夜は快晴で天の川もよく見えました。遠くにマウント・ジェファーソンが見えます。標高3199m。このあたりは火山帯で南北に成層火山が連なっています。これはその一つです。空港には日食を見に来た人たちの飛行機がたくさん駐機してます。
マドラス空港と天の川
2017/08/21 02:20:19
PENTAX K1,ISO3200,30s
CarlZeiss Distagon25mmZK(F3.5)

マドラス空港観測地

皆既帯地図


北斗の下方通過
2017/08/21 02:21:50
 同じ頃,北斗七星が下方通過中でした。緯度が44度あるので北斗七星が低くなっても沈みません。ひとしきり星を眺めた後は明日に備えて就寝です。


 さて,翌朝,快晴です。これなら期待できそうです。
マドラス空港

 トイレが少ないので行列です。下見した中ではここが一番ましでした。他はもっと少ないトイレしかなかったので,今頃大変な状態になっているでしょう。ここは博物館横にもトイレが設置されていたので,私はそちらを利用。8時以降は博物館が開館し,中のトイレも使える状態に。空港の方ではお酒やスナックなどを売る店も出ていました。
マドラス空港


 私たちは前夜に入り口近くに駐めました。明るくなってみると奥まで車がずらっと並んでいます。それでも,ここの駐車場はかなり空間が広く空いていて,ゆったりと観望できる雰囲気ですね。
マドラス空港


 空港の方に散歩に行ってきました。朝になってもたくさんの飛行機が飛んできて、日食見物の人たちが集まります。
マドラス空港
 こちらの山はマウント・フッド。3429m。ポートランドの象徴的山です。これも富士山と同じ成層火山です。

エリクソン航空博物館横の駐車場では,テレビ中継の準備もやってました。
マドラス空港

マドラス空港

 アメリカは広いですから自家用飛行機もたくさんあるんですね。
マドラス空港
マウント・フッドが快晴でよく見えます。ここを観測地にしたのはフッドがよく見えることも理由の一つです。


マドラス空港
 こちらは気球で見ようというのかな?手前のリングは畑に水をまくための装置です。この辺の畑は,長い散水パイプをこの車輪で転がして水をまきます。


 カバも目覚めて朝食です。
マドラス空港


 9時過ぎに太陽が欠けてきました。いよいよ日食の始まりです。
欠け始め


 みなさん思い思いのスタイルで眺めていますね。
マドラス空港

マドラス空港

マドラス空港



 カバはここで観望します。ゆったり広い麦畑です。刈り取った茎がツンツンしていて,マットを突き抜けてきます。麦の茎は結構硬いんですね。
マドラス空港


 だいぶ欠けてきました。カバもスタンバイです。ちょっと雲が出てきたな~。日食雲かな~。
マドラス空港


 恒例!ピンホールです。
始まりのピンホール

皆既16分前。大分細くなってきましたね。今回のデザインはポートランド市の象徴マウント・フッドと鉄橋、そしてカバ。太陽が細くなるにつれ緊張が高まってきました。


 やがて線のように細くなった太陽が......ダイヤモンドリングです!
右の縁にプロミネンスも見えています。
始まりのダイヤモンド

始まりのダイヤモンド
2017/08/21 10:19:27
PENTAX K3,ISO1600,1/3000s
smc PENTAX-DA* 300mm F4 ED [IF] SDM(F4.5)


マドラス空港


 コロナが広がりました。東西に広がった極小期のコロナでした。左に見える星は獅子座の一等星レグルスです。
コロナ
2017/08/21 10:19~20
smc PENTAX-DA* 300mm F4 ED [IF] SDM(F4.5),ISO1600
K3のオートブラケットで自動露出多段階露光を10コマ合成


 露光を多くすると新月となった月の模様が見えました。これは地球の輝きが月を照らしているためです。地球照(ちきゅうしょう)といいます。
コロナの中の新月
2017/08/21 10:20:35
K3,1/15s,300mm,F4.5
 左の1等星レグルスと右にも獅子座の5等星が見えています。けっこう暗い星まで見えるんですね。


広角・携帯
どこまでも平らな平原です。


 皆既中の地平線は360度の夕焼けになります。今回は低空の雲のために,夕焼けの鮮やかさが足りないな~。
マドラス空港
2017/08/21 10:20:38
K1,25mmZK,ISO1600,1/30s


 後ろを振り返ると,月の影に覆われた世界が広がります。地平線は夕焼けに染まり、右に昨日登ったマウント・フッド,左にマウント・ジェファーソンが赤く光っています。
 フッドはもともと月の影の外にあるのですが,ジェファーソンはセーラムを通過した後,月の影が通るところです。ジェファーソンが光っているということは,月の影の終わりがこちらに迫っているということになります。皆既の終わりが近づいています。
 ぜひ写真をクリック(またはタップ)して大きく表示して,月の影の下に広がった雄大な光景をご覧ください。
フッドとジェファーソン
25mmで撮った2枚をパノラマ合成。


 やがて、終わりのダイヤモンドリング。2分3秒の皆既はあっという間に過ぎました。
終わりのダイヤモンド
2017/08/21 10:19:27


 あーあ,終わっちゃいました。しかし,ピンホールはまだ楽しめます。
ピンホール

 ピンホールもさっきとは反対向きの三日月太陽になりました。
終わりのピンホール


ピンホール
 どこの国へ行ってもこのピンホールは好評です。


 日食が終わり,人々がどんどん帰っていきます。しかし大渋滞でしばらく動けそうになかったので,近くのエリクソン・エアクラフト・コレクションへ行きました。ここはビンテージ飛行機が飛べる状態で保存されています。
 これは第二次世界大戦中の日本の戦闘機(はやぶさ)です。飛べるように修復されています。説明板にはコードネーム「オスカー」と紹介されていました。
ハヤブサ

ハヤブサ

 こちらはその敵,アメリカの艦載機です。隼よりずっと大きかったです。
アメリカ

 日食の後の週末,ここで航空ショーがあるそうなので飛ぶところが見られるかもしれません。


 さて後は帰路につくだけです。しかし車は全く動きません。結局この駐車場から脱出するだけで5時間もかかり,すっかり予定が狂ってしまいました。表の幹線道路や、手前の駐車場の車は動いているのに、なぜここだけ全く動かないの?と、運営の交通整理に不信感。


 車が動くのを待ってる間に空港の方へ行っていると,こんな店が出てました。空港のハンガーの中は酒盛りでした。ここでスイカとスナックを買って食べました。これから運転なので酒が飲めなくて残念ですね。
空港の店


 博物館の前には巨大な国旗があります。日食中はまったく無風で撮影できませんでしたが,午後になって風が出てきました。
巨大な国旗


 ようやく表の国道26号へ出たときにはすでに日も傾いてました。


 26号線を行くとすぐにソーラー・タウンが見えてきます。テント村です。ちょっときれいな難民キャンプみたいでした。
ソーラー・タウン
2017/08/21 17:37:03


 この後も断続的に渋滞に遭いながらポートランド目指したのですが,その話はまた後日にしましょう。


私は結局マドラス空港奥にある博物館の近くで見ました。ここでソーラー・タウンついて,ちょっとがっかりした点を書き残しておきます。

 当初予定していたソーラータウンに下見に行ったときは,案内された駐車場の全体像まではわかりませんでしたが,「どうも事前説明と違うなあ」と感じてました。食事もバスも無く,トイレもほとんど無い。それでソーラータウン駐車場で車中泊は中止。空港へ移動したのでした。 万一の場合の保険をかけて,あらかじめ空港チケットも買っておいて良かったです。それに食事できないことも想定して、たくさんの水と食料も手前のスーパーで買いこんでおいたのもよかったです。もちろんガソリンも前夜に満タンにしておきました。
 翌日帰るときに,渋滞でのろのろとソーラータウンの前を通ったときに「やっぱりね」と確信。
 キャンプエリアは,シャトルバスも来てたし,食事コーナやらたくさんのトイレやらがあって,事前説明通り。しかし案内された駐車場は,タウンから遠く離れていて,何もない畑。これで車中泊した人はどうやって朝食券を使って,シャトルバスで移動できるの?と思いました。聞くところではキャパを超えたために作った臨時の駐車場だそうです。さっと来てさっと帰る人にはいいけど,サイトの説明にあった,車中泊できるなんてぜんぜんだめじゃんと思いましたわ。設備なさすぎです。
 キャパを超えて,できないならできないとどこかでアナウンスして,チケット払い戻しするレベルでしたね。キャンプ場優先としか思えない運営でした。
 結果的に私たちはタウンを当てにしなくて良かったですが,あくまで結果的にですので,当てにして悲劇になった人もいるのではと推測します。
 これまで経験したこういうタウンはリビアと中国とオーストラリアの3回ありますが,みんな設備も十分なキャンプでまともに過ごせました。今回のは設備不足が一番ひどかったです。


 また空港駐車場の交通整理も単なる交通集中だけでなく、スタッフが交通整理でこちらの駐車場の車を全然出してくれなかったのが,5時間も止まったままになった大きな原因と思われました。最初に交通整理していた若いボランティアの人が全然だめだったようです。あとで交代したおじさんがやって、ようやく車が動き出しました。また、北側に別の出口もあったのに何も表示がないし。表の道路は車が動いているのに,なぜこちらは5時間も動かなかったの?という疑問が消えません。今回の日食は運営サイドの不備が目立ったなという感想です。終了時の交通整理は私でも予想できたことですから。
 他の駐車場では一向に動かない車に業を煮やした客が,畑のフェンスを壊して脱出したところもあったそうで,運営に問題があったのはここだけじゃなかったようです。
 今回の事は、今後アメリカでこのようなイベントがあった時はちょっと考えないといけないな~と思わせる経験でした。

LINEで送る

コメント

  • 渋滞はきつかった・・・

    本当に動かなかった。
    ボランティアが全く奥の車を出さなかったのが問題だったな~
    ずーっと動かなかったから、お腹が空いてきてスナックを買いに行った場所。
    入り口に門番がいて、年齢聞かれました。
    お酒があったからなんですね。アジア人は若く見られるとは知っているけど
    49歳にもなって年齢聞かれると思わなかった。
    いくつ?って聞かれて、ふぉーてぃーん~って言ったら、どうぞどうぞって感じで面白かったな~


  • ふぉ~てぃ~ん?

    それって14歳?(笑)



認証コード4630

コメントは管理者の承認後に表示されます。