群馬県富岡市の観光

Tag: K1 群馬 富岡市 こんにゃくパーク 富岡製糸場 妙義山 カバの旅

秋も深まった晴天の週末,群馬県の富岡市へ遊びに行ってきました。この地域は行ったことなくてあんまりなじみがありませんでした。
中部横断道から上信越道へ長野県から群馬県に入ると山がゴツゴツとした険しい岩山に変わりました。この辺は浅間山もあり,溶岩が浸食で残った地形だということです。

妙義山はゴジラの背中のような岩山です。登山レベルは高難度だそうです。
妙義山

中腹には大の文字。
妙義山

富岡市内から見た妙義山と浅間山。群馬県と長野県の境界です。
妙義山

群馬県はこんにゃくいもの産地だそうで,こんにゃくパークへ行ってみました。上信越道の富岡インターからすぐです。
こんにゃくパーク

ヨコオという会社のテーマパークです。入場無料。
こんにゃくパーク

ヒデちゃんがコンニャク大使です。
こんにゃくパーク

こんにゃくいもの品種。
こんにゃくパーク

コンニャク製品の工場見学記念。
こんにゃくパーク

ここの売りは無料で食べ放題のコンニャクバイキング。全部コンニャクです。ラーメン,唐揚げ,焼きそば,しらたき,おでん,など。
デザートにはコンニャクゼリー各種。
普通のコンニャクも美味しかったですが,変わりだけねとしてはコンニャクラーメンが良かったのでおかわりしました。これでお腹いっぱいになりましたが,カロリーはほとんどゼロ。コンニャクと言ってもいろいろあるんですねえ。
こんにゃくパーク
カバさんはコンニャクラーメンが気に入って売店で買い込んでいました。

そして富岡と言えば世界遺産になった富岡製糸場です。
富岡製糸場

レンガ造りの工場。
富岡製糸場

蒸気エンジン。
富岡製糸場

1987年(昭和62年)まで操業していた工場内部の糸繰り機。繭から糸を取り出して(つむ)ぐ機械。
富岡製糸場

広大な敷地の中には工員達の寮や医務室などがあり,待遇は良かったそうです。売店では絹製品が売られていて,今でもこの地域は絹の生産が行われています。
 帰り道の絹製品のお店の店主に,絹製ブラシでの肌のメンテナンスを実演してもらいました。絹のブラシは一見硬そうなのですが,お湯につけると柔らかくなり,石けんの泡立ちが素晴らしくきめ細かく,なかなかの優れものだと思いました。肌美人を目指す方はお一つどうでしょうか。
詳しくはこちらをご覧ください。→熊野筆×純国産富岡シルクの洗顔専用筆

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント


認証コード9745

コメントは管理者の承認後に表示されます。