秋の京都・瑠璃光院

Tag: 京都 K1Ⅱ カバの旅 瑠璃光院
秋の京都に行ってきました。
京都北東の比叡山のふもとにある紅葉の名所、瑠璃光院へ行きました。
比叡山電鉄の八瀬比叡山口に到着。駅員さんが落ち葉掃き。
八瀬の駅

駅からすぐの高野川にかかる橋からも紅葉が見事です。
高瀬川の橋

瑠璃光院の入り口。今年の秋の特別拝観は、コロナ対策で時間を区切った予約制です。
瑠璃光院

いつもは行列になるそうですが、今年は予約制のおかげか混み合うこともなく入ることができました。
瑠璃光院入り口

お寺に向かう階段もモミジ。
瑠璃光院

瑠璃光院

池の鯉はすっごく太ってました!
瑠璃光院の鯉

建物のまわりは紅葉でいっぱい。
瑠璃光院

ここで有名なのは2階の書院からの紅葉です。
2階書院

カメラマンがいっぱいいましたが、ぎゅう詰めというわけではなく、写真はゆっくり撮れました。
2階書院

CMにも使われたことがある、窓の紅葉と机に映った紅葉。構図や露光時間をベストにするにはかなり試行錯誤でした。
瑠璃光院の紅葉
2020/11/21 11:20:33
PENTAX K-1 Mark II,ISO800,1/250
DFA 28-105mm(F4.0)

1階の書院も見事な景色でした。
瑠璃光院1階書院

カバもかしこまってます。
瑠璃光院1階書院

1枚の絵のような景色です。「瑠璃の庭」と呼ばれる苔の絨毯と紅葉の木々。
瑠璃の庭

瑠璃の庭

日差しの影も秋を感じます。
瑠璃の庭の日差し

「八瀬の釜風呂」という日本の蒸し風呂の原型。古くは壬申の乱の時に、矢傷を受けた大海人皇子(後の天武天皇)が傷を癒やすのに使ったという伝説があります。しかし、ウィキペディアによれば、瑠璃光院の現在みられる建物と庭園は、大正末期から昭和にかけて造営された別荘で、寺になったのは2005年からと、意外に新しい建物です。古寺ではないんですね。この釜風呂は、あくまで奈良時代の原型の再現ということなのでしょう。
釜風呂

中に枕とゴザがあり、寝転んで温まったそうです。
釜風呂内部

結局1時間以上ここで過ごして紅葉を堪能しました。
瑠璃光院からの帰り道も紅葉でいっぱいでした。
瑠璃光院の帰路

瑠璃光院
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント


認証コード8129

コメントは管理者の承認後に表示されます。