テオ・ヤンセン展 in ふくいで本物のビーストを見る

Tag: テオ・ヤンセン K1Ⅱ 福井 カバの旅

テオヤンセンのビーストはプラモデルのコーナーでも紹介しましたが,今回は模型ではなく本物です。福井県越前市のサンドームで行われた「テオヤンセン展」に行ってきました。

福井といえば恐竜!しかし今回はビーストです。

ここが会場のサンドーム。

ビーストの試行錯誤の跡。

入り口に入るとすぐに,自分で動かせるビースト体験がありました。



会場には様々な時代のビーストが展示されていました。




2019/10/13 12:45:46
PENTAX K-1 Mark II,ISO1600,1/30s。
DA 10-17mm FisheyeZoom,F4.5。


空気を貯めて動力にするペットボトル。

風で動くための帆。先端のトンカチは強風でころばないようにするためのくい打ち機。

さて,この展示会では毎日5回「リ・アニメーション」というタイトルで,実際にビーストが動くようすを解説付きで見ることができます。
これも楽しみにしていました。

福井県のマスコットキャラクター「はぴりゅう」も登場。



風で帆が動くとペットボトルに空気が圧縮されます。風が無くて帆で動けないときには,ためた圧縮空気を使って動きます。



今回は屋内展示なのでコンプレッサーで圧縮空気を送り込んで動かしていました。ホントは大きな送風機を使って,ずんずん歩かせてほしかったなあ~~。



求愛行動するビースト前にはぴりゅう。







このビーストは送風機で動かしました。




これらのビーストは越前和紙とのコラボです。




親子がつながったビ―スト。





プラモデルのミニビーストを動かすコーナー。









外でもビーストを動かします。
この日は風が強かったので,帆を広げないで歩かせました。



隣の建物にあるカフェのケーキで休憩です。

午後は所用で金沢に移動。偶然見つけたイベントで,九谷焼のシールを貼る体験をしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント


認証コード1989

コメントは管理者の承認後に表示されます。