今年も山梨のサクランボとサントリー響30年を味わう

Tag: K1Ⅱ カバの旅 サクランボ 山梨 サントリー 30年 水信玄餅 金精軒

今年もやってきました。年に一度のサクランボの季節。
山梨県の南アルプス市にある「山の果樹園」さんに今年もサクランボ狩りに行きました。

今年は春からやや気温が低いので,去年より生育は遅れ気味だというお話でした。それでもたくさんのサクランボを楽しめました。


2019/06/15 12:28:42
PENTAX K-1 Mark II,ISO1600,1/80s
CarlZeiss Distagon 25mm ZK,F8.0


赤くてつやつやしたサクランボ。とても甘いです。

サクランボの後は,北杜市の白州サントリー醸造所へ。

お目当てはこれ!サントリーのウイスキー「響30年」。
時価25万前後で,お店に置いてあるのは見たことがありません。
とても瓶は買えませんが,テイスティングの1杯なら2900円で飲めます。

翌朝は韮崎市の金精軒で「水信玄餅」。

去年建て直された店舗で,広くなり,ゆったりできました。

季節のお菓子もいただきました。
右が「濡れ燕」,左が「水牡丹」。

夜は韮崎の「ほたる祭り」に行きましたが,残念ながら今夜は冷たい雨で飛んでいませんでした。

また来年を楽しみにします。

山の果樹園
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント

  • やっぱり小さくなっている気がする。

    水信玄餅ってキーワードで今までの記事を見ると、やっぱり小さくなっている気がする。
    黒蜜やきなこの量は確実に減っている。
    デフレというけど、インフレなんだな~ 不況なんだな~って思いました。
    小さくなっても味はこのままでいてほしい~


  • コストアップですかねえ

    販売価格500円では,今までのようにできなくなったのかも。



認証コード9797

コメントは管理者の承認後に表示されます。