巣鴨の仮説社訪問

Tag: 東京 科学教育 仮説社 カバの旅
 少し前のことですが,4月末に東京の巣鴨へ行ってきました。目的は仮説社フェアで霧箱の講座をやるのと,霧箱の本の出版についての打ち合わせのためです。
 (株)仮説社は科学教育を中心とした出版社です。月刊誌『たのしい授業』を発行しています。「授業」といっても,学校関係の閉じた雑誌でなく,科学好きな人に広く楽しめるネタにあふれた雑誌です。
会長のいす
 前社長(現会長)のいすに座って偉そうにしているカバがいました。


 参加者が作った霧箱を見ているところです。当サイトでも紹介しているクリアファイル式の霧箱です。お二人とも仮説社内に飛ぶ放射線を見ることに成功!
放射線観察中
 このほかにもフラワーアレンジメントや簡単お菓子作り,小林眞理子講師による煮干しの解剖教室などで,子供も大人も楽しんでいました。
煮干しの解剖
 仮説社フェアは定期的に開かれるので,ぜひ仮説社ホームページでチェックしてください。


 せっかく巣鴨に来たので,講座の合間に巣鴨地蔵へ行きました。テレビでよく見る風景は省いて,写真をいくつか載せておきますね。
巣鴨商店街

巣鴨商店街

巣鴨商店街

 巣鴨地蔵のベンチでまったりしていると,こんな光景が!
カラス
2016/04/30 09:26:25
PENTAX K3,ISO400,1/350s
CarlZeiss Distagon T*25mm(F9.5)
 巣作りの最中らしく,カラスが何度もハンガーを運んできてました。いったいどこからかすめてくるのでしょう?取られた方は大丈夫なのでしょうか?
 都会のカラスは材料集めが大変ですね~。

仮説社
高岩寺とげ抜き地蔵
LINEで送る

コメント


認証コード8647

コメントは管理者の承認後に表示されます。