イエローナイフでオーロラ爆発に遭遇(その1)

Tag: 星景 オーロラ イエローナイフ カナダ カバの旅 K3

 昨年末はカナダのホワイトホースへオーロラを見に行きましたが,雪続き+不活発なオーロラ活動で敗退でした。
 今年は10年以上前に行って以来のイエローナイフでリベンジの計画を立てました。
 しかし21日にイエローナイフへ到着したときは,今年も雪!先行きが危ぶまれました。22日も雪!このままでは去年と同じになってしまう。そんな不安がよぎったとき,ようやく3日目の朝快晴に!やっと北極の寒気が押し出してきて冬晴れとなりました。気温も一気にマイナス20度へ降下です。
 今回はオールドタウンのベイサイドB&Bへ宿泊です。

 そして23日のAurora Forecastの予報はなんと「ストーム発生の可能性」というとても期待を持たせるものでした。

 そして15時を過ぎるともう日没。今夜はベックス・ケンネルのオーロラツアーを入れていたのでその準備。ツアーは22時からです。そんなとき同宿の中国人の女の子が興奮しながら私たちの部屋へ。「すごいオーロラが出てる。写真のチャンスだよ!」というので,宿のベランダへ出てみると,もうすごい状態に。
B&Bから
2014/12/23 19:44:01
PENTAX K3,ISO3200,3秒
DA14mm(F2.8)

B&Bから
2014/12/23 19:45:27
1秒

B&Bから
2014/12/23 19:46:41
1秒

 こんなチャンスは無いと思った私は,宿近くの岩山のパイロット・モニュメントにも登って撮影してきました。
パイロット・モニュメント
2014/12/23 18:47:16
DA14mm(F2.8)6秒

 おや,こんなところにもカバが。いきなりのオーロラブレイクでうれしそうに宿のベランダで見ていました。
カバがゆく
2014/12/23 19:56:24
1秒

氷上飛行場の上
2014/12/23 19:52:09
1秒

 宵のうちから活発なオーロラが出るということは,今夜は期待できそうです。撮影は一段落してツアーの迎えを待ちます。

 今夜のベックスケンネルは,郊外の凍った湖のキャビンで見ました。人数は十数人ほど。
 まずはカメラをセットして冬の天の川でテスト撮影です。さっきの激しいオーロラはどこへやら。今は淡い光の帯が天の川に重なって見えるだけです。
冬の天の川
2014/12/23 22:56:05
シグマ10mmF2.8対角魚眼,ISO3200
15秒

 まもなく薄かったオーロラが南の空で明るくなりはじめました。
南の空
2014/12/23 23:09:35
3秒
 そして24時頃から,北の空に明るいオーロラが現れました。魚眼から14mmレンズに交換しました。カーテンの磁力線の縦縞模様が激しく動くので,できるだけ短時間露光で写し止めようとしました。
北の空
2014/12/24 00:17:05
DA14mmF2.8
1.5秒

 そのオーロラはどんどん大きくなっていきました。
K3__0661s.jpg
2014/12/24 00:18:42

K3__0666s.jpg
2014/12/24 00:19:26

 ついに空から光が降ってきました。古代ギリシャの哲学者アリストテレスが「空が割れたようだ」と言った光景です。
天空の光
2014/12/24 00:20:15
1秒

 複雑な構造のオーロラになりました。
K3__0682s.jpg
2014/12/24 00:21:54,1秒

 もはや14mmレンズでは入りきらなくなったので,再度10mm対角魚眼レンズに交換です。これでもはみ出してしまいます。どこをどう切り取ったらいいのかパニック気味。呆然と眺めるばかりです。

K3__0685s.jpg
2014/12/24 00:25:36
シグマ対角魚眼10mm(F2.8),
2秒

K3__0694s.jpg
2014/12/24 00:28:21
3秒

K3__0698s.jpg
2014/12/24 00:29:13
3秒
 北の空には北斗とカシオペア。その間に高度62度の北極星が見えます。

K3__0702s.jpg
2014/12/24 00:30:00

 空いっぱいのオーロラが激しく動き回りました。オーロラ爆発です。
K3__0706s.jpg
2014/12/24 00:32:05

K3__0750s.jpg
2014/12/24 01:09:05

 淡い光が空全体に広がりました。
K3__0754s.jpg
2014/12/24 01:10:12
2秒
 手前に並んだ箱は犬小屋です。ベックス・ケンネルの名の通り,ツアー会社の社長ベックスさんは犬ぞりレースの名手なのです。ここの小屋は犬ぞりツアーのためのものだそうです。

 巨大なオーロラがうねります。
うねり
2014/12/24 01:11:35
2秒

うねり
2014/12/24 01:19:23
2秒

うねり
2014/12/24 01:20:57
2秒

 そして淡い光に変化していきました。地平線の光はイエローナイフの町灯りです。
うねり
2014/12/24 01:24:30
2秒

 オリオン座~双子座~獅子座方向にはオーロラが柔らかい光を添えています。東から出てきたばかりの獅子座には木星が輝いていました。
冬の星座
2014/12/24 00:56:43
2秒
 

 オリオンから牡牛座方向の情景です。
オリオンから牡牛座
2014/12/24 01:06:22
2秒

 きりが無いので撮影は適当に切り上げて,目に焼き付けるのに専念しました。オーロラの動きはとても速く,写真ではなかなか止めて写すことはできません。NHKなどが使っている超高感度カメラでもないと動画撮影も無理です。これは本物を見ないと伝えるのは難しいのですが,例えるなら「クシクラゲのクシ板の光が流れ動くような感じ」でしょうか。磁力線の模様が速く移動します。光の帯もみるみるうちに大空で波打ちます。肉眼では色は余り感じられず白い光に見えます。明るいのが出ると一部が赤いかなという感じ。空全体が光ってるので,地上も照らされています。

 ツアーは2時過ぎに終わって3時には宿へ戻りました。その後もオーロラは出続けていましたが,くたくたになったのでぐっすりと眠れました。明日も天気が良く,オーロラ予報も「アクティブ」。忙しくなりそうです。(つづく)

 

LINEで送る

コメント


認証コード8895

コメントは管理者の承認後に表示されます。