K-5Ⅱsによる星景写真

Tag: K5Ⅱs 星景 火星 天の川 御前崎 アストロトレーサー

 今夜は冬晴れの透明度のいい空。
 夕方の火星とアンタレスもそろそろ限界になってきたので、月明かりがなくなったチャンスをとらえて御前崎に撮影に出かけました。

アンタレスと火星
2012/11/02 17:59:38
PENTAX K5Ⅱs,ISO800,45秒
DA14mm(F3.2),プロソフトンA 使用。
アストロトレーサーで自動追尾。

 火星とアンタレスは前回よりも離れています。アンタレスは今にも沈みそうな低空で、これ以上の追跡は難しいです。12月には蠍座に太陽が入ってきます。
アンタレスと火星・説明

 ついでにっていうことで、月が出る前に射手座の天の川を撮ってみました。
射手座
2012/11/02 18:07:00
SMC PENTAX FA31mm Limited(F2.8)
ISO800,90秒,プロソフトンA使用。
 低空なので赤くなっていますが、まずまずの写りでした。

 続いて、同じレンズで白鳥座を狙いました。
はくちょう座
2012/11/02 19:13:09
ISO1600,60秒。以下同じ。

 31mmのレンズでちょうど良く入りました。
はくちょう座・説明

 今回撮影して気になったことは、時間がたつにつれてだんだん赤みが増してきたことです。何枚も撮ってると、やはり赤いノイズが増えるようです。今回は画像処理で簡単に補正できましたが、先日のヒストグラムのテスト結果で赤いノイズが多そうだったので、やはり影響が出てると思います。先代のK5よりはノイズが出やすい印象でした。
 もっと暗い空で長時間露光したときにどうなるのか気になるところです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント


認証コード5004

コメントは管理者の承認後に表示されます。