獅子の大鎌と水星

Tag: K5 惑星 アストロトレーサー 星景 浜名湖 水星

獅子の大鎌と水星
2011‎年‎7‎月‎10‎日、‏‎20:06:44
PENTAX K5,ISO200,25s
SMC PENTAX A24mmF2.8(F5.0)
O-GPS1で自動追尾

 ようやく梅雨も明け,夏空です。夕方に水星を撮影に,浜名湖畔へ行きました。
 今日の水星は蟹座にいます。そして水星を追うように沈んでいくのが獅子座です。
 PENTAXのGPSユニットによる、初めての自動追尾テストです。 

解説
 星座の線を入れるとこんな感じです。「獅子の大鎌」とよばれるを逆さにしたような星の並びが,獅子座の頭になります。
 黄道12星座(星占いの星座)では,水星のあるところが蟹座になります。そして,夕日の太陽があるところは双子座。
 来月には,太陽は蟹座に移り,そして獅子座へ。黄道に沿って太陽は移動していきます。
 太陽の位置からは双子座,8月は蟹座,9月は獅子座になります。星占いとはちょうど星座が一つずれています。
 それは星占いが作られた2000年前にはちゃんと合っていたのです。地球の運動の変化で,今では星座一つ分ずれていますが,星占いのほうは,昔のままでやっているのです。

夕日
 今日の夕日。ここには見えないけど双子座の星があります。

サギ
RICHO CX4
 湖畔でサギが魚を狙っていました。

 赤道儀なしで追尾できるという,アストロトレーサーですが,トリミングして拡大してみると,地面の景色は動いて,星は止まってるので,問題なく自動追尾できてますね。
追尾状況
 今夜は月が明るくて,長時間露光のテストはできませんでした。いずれまた,チャンスを作ってテストしてみます。
 でも,今日の撮影では十分な追尾結果でした。便利になったものです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント

  • おお、ちゃんと追尾してますね。こりゃ面白い。
    7~8等台の彗星ならば、ISO1600くらいにすればとりあえず写せますね。


  • 赤道儀が不要なだけでなく、「星が見えなくてもセッティングできる」というのも画期的です。昼間の現象にも追尾撮影が使えますよ。日食のコロナ撮影にも有利でしょう。


  • 南半球でも使えるのでしょうか?


  • もちろん、どこでも使えます。GPSで位置が確定できて、磁気センサーでキャリブレーションできればどこでもです。
     地磁気が乱れているところではどうなのかはわかりませんが。



認証コード3665

コメントは管理者の承認後に表示されます。