オーシャンプリンセスから眺める「ちきゅう」見学クルーズ

Tag: ちきゅう 清水 オーシャンプリンセス JAMSTEC カバの旅

 清水港に来ている地球深部探査船「ちきゅう」を,帆船オーシャンプリンセスに乗って眺めるクルーズに参加しました。
 オーシャンプリンセスは清水港の遊覧に使われている帆船です。もとは地中海クルーズのために作られた船だそうです。
 

 

港を出るとちきゅうに接近していきます。
 

「ちきゅう」は海洋研究開発機構(JAMSTEC)が運用する,海底掘削船です。2005年に完成。地殻を貫いてマントルまで穴を開けて,物質を取り出すことを目標に開発されました。
 近年は清水港に寄港して,130mのドリルタワーがそびえている姿をよく見かけます。事実上の母港のようです。
 
2019/11/30 09:04:45
PENTAX K-1 Mark II
ISO400,1/1250s
irix15mm,F8.0

 

 

 

 

 

素晴らしい快晴で富士山もくっきり。
 

 

 

船から下りると,今度はちきゅう内部の見学です。
私は2009年に神戸港で見学して以来です。
 

最初はブリッジです。
 

 

ドリルフロアは機械で一杯。
 

 

 

これがマントルに到達するのはいつの日でしょうか。
colorbox=group, 

ラボの見学のとき,解説してくれた研究者によれば,10年以内のマントル到達を目指しているそうです。頑張ってほしいです。
 

工場萠しそうな光景です。この下にドリルを海底に下ろすための船底の穴があります。
 

 

 

 

 

静岡市役所の職員のみなさんが盛り上げ隊として来ていました。
 

観覧車からも見物です。やはり大きいですねえ。
 

夜になって日本平展望台から見る清水港。「ちきゅう」が光り輝いて見えました。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント


認証コード7319

コメントは管理者の承認後に表示されます。