ルーブル彫刻美術館はすごいぞ

Tag: K1Ⅱ 三重 ルーブル彫刻美術館 カバの旅 芸術

 以前から行きたいと思っていた、三重県の津市にある「ルーブル彫刻美術館」。本家のパリのルーブル美術館の彫刻から直接型取りした、まさしく本物のレプリカ。ここに来ればニケもビーナスも自由の女神も全部見れます!
 ここはルーブル美術館が全面協力した、れっきとした姉妹館なのです。
ルーブル彫刻美術館
入口の巨大なニケとビーナスでまず圧倒されます。

こちらが本物のレプリカのニケ。
サモトラケのニケ
2019/05/03 13:53:31
PENTAX K-1 Mark II,ISO400,1/60s
CurlZeiss Ditstagon25mmZK(F5.0)

ミロのビーナス
ミロのビーナスも近づくと表面が時間の流れを感じさせます。

ミロのビーナス
パリの本館に比べて、じっくりと間近で鑑賞できるのがとてもいいです。

後姿はこうなってたんですね。
ミロのビーナスの後ろ

歴史の教科書に出てくるハンムラビ法典を刻んだ石碑。
こうやって国内に王の法律を行きわたらせたんですね。
ハンムラビ法典

ロゼッタストーン。分厚い石ですねえ。
ロゼッタストーン

アメリカに寄贈された自由の女神像のオリジナルです。
自由の女神像

ローマ皇帝の胸像いくつかありました。これは「テルマエロマエ」の時代の皇帝ハドリアヌスです。ほかにトラヤヌス、チベリウス、マルクス・アウレリウスなどもありましたが、説明板はないので顔を知ってないと誰だかわからないでしょう。
ローマ皇帝ハドリアヌス

中世っぽいチェス盤。顔が面白いです。
中世のチェス盤

聖母子像も何種類もありました。
聖母子像

そして博物館の外には、無数のカエル。「無事帰る」に引っ掛けてあるそうです。
カエルのオーケストラ

美術館の隣は大観音寺。ここもあらゆる種類の仏像、観音像、菩薩像が集めてあって、「ご利益のデパート」という感じです。
 がん封じやら、金運やら、気合の入っただるまとか、もう、何でもあり。
金運万倍釜

やる気だるま

一番奥には高さ33mの純金の大観音で決まり!
純金大観音

 もう「仏教のテーマパーク」といった感じでした。キリスト教やイスラム教などの、一神教の人たちには、絶対理解不能だろうなあ。
 「混沌」としか言いようのない世界でした。

ルーブル彫刻美術館

 この場所はこの本で見つけました。ほかにも珍名所満載です。


LINEで送る

コメント


認証コード9282

コメントは管理者の承認後に表示されます。