12月23-24日は清水港で「ちきゅう」一般公開

Tag: ちきゅう 静岡 清水

清水港で2017年12月23-24日に地球深部探査船「ちきゅう」の一般公開が行われます。
ちきゅうは海底下の地殻を数千メートル掘って,マントルの物質を取り出すために作られた探査船です。とはいっても,マントルに到達するには技術的問題が多いようで,まだ実現していません。

 それでも海底掘削能力は世界屈指のレベルです。海洋研究開発機構(JAMSTEC(ジャムステック))が保有しています。ここは「しんかい6500」も運用しています。
 今回の一般公開7000人の募集枠はあっという間に満員になったそうですが,その巨大な姿は港に行けば見ることができますよ。
 そういえば昔,気象予報士会兵庫支部で企画した神戸港の「ちきゅう」見学会に行ったことを思い出しました。今回はそのときの写真を紹介しましょう。
 これは神戸港に停泊している「ちきゅう」です。見学希望者の行列に並びました。「ちきゅう」についてはJAMSTECの機関誌『Blue Earth』で予習ずみ。
ちきゅう04

このときも大人気でものすごい行列でした。いつになったら船に入れるでしょうか?
ちきゅう2
2009/02/15 15:50:52
PENTAX K10D,ISO100,1/160s
15mm,F6.3


ちきゅう05

ちきゅう08

海底掘削用の高い鉄塔が特徴です。船首にはヘリポートがあります。
ちきゅう10

ちきゅう11

ちきゅう12

ようやく船にたどり着いたときは,もう日も傾いていました。
ちきゅう09

ちきゅう17

これは救命艇です。
ちきゅう18

ヘリポートの下まで来ました。
ちきゅう19

ちきゅう20

ブリッジです。
ちきゅう22

ちきゅう25

海底を掘るためのパイプです。これをつないでいきます。
ちきゅう26

ちきゅう28

ちきゅう32

鉄塔の下の部分は空間になっています。ここをパイプが海底に降りていきます。

ちきゅう38

見学が終わった頃はすっかり日が暮れていました。
夜のちきゅう
今回もすごい人出になりそうです。


 こちらは別の日に清水港沖の駿河湾で停泊している「ちきゅう」です。
清水のちきゅう
2009/02/28 15:02:21
PENTAX K10D,ISO100,1/800s
300mm,F7.1


夜の「ちきゅう」は光っていました。
ちきゅう清水沖

コメント


認証コード9473

コメントは管理者の承認後に表示されます。