今朝のアイソン彗星(21-22日分)

Tag: 彗星 水星 惑星 星景

水星と彗星2
2013/11/21 05:21:57
PENATX K5IIs,ISO400,50秒露光
DA Limited 70mm(F3.2)
アストロトレーサーで自動追尾
IDAS LPS-P2公害カットフィルター使用

 天文界では大きくにぎわっている彗星。
アイソン彗星の太陽接近が月末に近づいています。
これは今朝の様子ですが、水星の右上にあり、今後もどんどん高度が下がって水星方向に接近していきます。その分、太陽に近くなり明るくなるのですが、見るのは難しくなっていきます。

水星と彗星2
2013/11/22 05:04:33
TAMRON SP2 MACRO 90mm(F2.8)
ISO1600,15秒×4枚合成。
 これが22日の様子です。1日でずいぶんと彗星に接近しました。明日は水星と並びます。
 太陽を回って反対側に出て見えるようになるのは、だいたい12月の第1週です。そのとき太陽の高温で彗星が蒸発し、大きな尾を引くのではと期待されています。
 本体は当初予想より小さいということが分かったので、太陽接近時に蒸発消滅という予想もあります。
 まあ、彗星の明るさの予報はほとんどあたったことがないので、前評判はあまりあてにせず、これからの変化を見守りたいと思います。
 残念ながら、まだ「これが彗星だよ」と見せられるほどのものではなく、肉眼でも双眼鏡でも暗い空と澄んだ空が必要です。
 21日は市街地で撮影したので、肉眼では全くわかりませんでした。22日も同じ場所ですが、大きい双眼鏡ではぼんやりした丸い彗星の頭が見えましたが、肉眼では見えませんでした。水星は明るくはっきり見えたので、むしろ水星を見るチャンスかも。
 今後明るく成長すれば、もっと条件のいい観測地へ出かけることになるかもしれません。低空がまで晴れた朝がチャンスです。しかし、21,22日の様子では、本番は太陽を回った後の12月初めでしょう。
 まあ「水もの」ですが、明るくなることを星に願うことにします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント


認証コード8188

コメントは管理者の承認後に表示されます。