Tag: 有袋類 カンガルー

カンガルーの赤ちゃん

 カンガルーの生まれたての赤ちゃんはとても小さいということは、結構有名なようです。
 
 これは浜松市動物園の裏側探検に参加したときに撮影した、カンガルーの生まれたての赤ちゃんの標本です。

カンガルー赤ちゃん
2003/03/09 14:17:07
NIKON E950

 だいたい大きさは2㎝ほどで、重さは1g。一円玉と良く比べられます。
一円と比較

 びんのラベルによれば、これはクロカンガルーの赤ちゃんで、生後1日で死んだことになります。
ラベル

 

 これは先日撮影のメスカンガルーです。
おしっこ
2010/12/04 14:44:54
PENTAX K5、ISO1600
 おしっこが出るところが産道も兼ねています。有袋類では子宮からの産道に尿道も接続しています。これを泌尿生殖口といいます。
 その近くに肛門もあります。
 

 正面から見るとこんな配置。生まれた小さい赤ちゃんは、袋の入り口まで自分で登っていくのです。

産道
(マウスを乗せると説明が出ます)

 有袋類は胎盤が発達しないので、妊娠期間が短期間で終わり、超未熟児で産んで、袋のおっぱいで大きく育てるシステムを採用した哺乳類なのです。